成田市の便利屋・不用品回収なら

便利屋 一寸奉仕

〒286-0011 千葉県成田市玉造4-2-1

お気軽にお問合せ下さい
受付時間:8:00〜20:00
定休日曜:年中無休

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-659-139

事例紹介7

ここでは弊社が今までに手がけた事例をご紹介いたします。
ページ内の写真は許可をいただいたものを掲載しています。

おうちのプチ補修 ①天井

 天井の板のめくれと、窓ガラスとサッシの間のスキマ、それと洗面所の鏡がグラグラしてるので固定して欲しいというご依頼を頂きました。

 ネットに明るいご主人で、それぞれ専門家による施工の相場も把握されたうえでの、弊社へのご依頼でした。つまり、便利屋クオリティのお手頃価格、お手頃施工で構わないから、というご要望でございます。

 まずは天井です。前年の台風による浸水が原因で板がゆがんでしまっています。
板を交換すると大ごとなので、テープか何かで補修してほしいとのことですが、そもそも浸水した経路をふさがないと同じことの繰り返しになってしまうのでは? 

 とお聞きしたところ、浸水個所はもう補修済みとのことで、見た目が綺麗になればそれでOKという事でした。そこで、ベニヤ板を細長く加工し、その上に木目調の壁紙を貼り付け、ビスと両面テープで固定することにしました。

 テープ、あるいは木目の壁紙をそのまま貼る手もありましたが、めくれは2か所あり、天井という事もあって、綺麗に貼れないかもしれないと思ったからです。ノリやテープの力だけで保持し続ける事にも不安がありました。

 ですので、見た目は多少悪いですが、ベニヤ板で2.5㎜程段差ができますが、細いビスとのセットで保持力のアップを狙ったというわけです。作業自体は、案外まっすぐに、スムーズにできました。こうした案件は一度持ち帰り、事務所で部材を調達、加工して行います。

 ご要望に合わせての案件は、その都度工夫を巡らすことと、部材を探すのも大変なのですが、それがまた便利屋冥利に尽きる面白さでもあります。

 今回のささやかなワンポイントは、木目の壁紙の中でも、板と板とのスキマまでがプリントされたものを発見したことです。まあ、写真をご覧いただければわかりますが、「ああ、なんか補修したな」と丸わかりなのですが(笑)、その点をお客様にとても喜んでもらえて良かったです。

おうちのプチ補修 ②洗面所の鏡

 鏡の取り付けの補修です。以前、水栓の交換を業者に依頼した際、なぜか鏡を取り外し、壁に穴まであけられたことが原因で、取り付けがガタガタになってしまった、と伺いました。
 
鏡は右上の写真のような、肌色のプラスチックで上下に固定され、鏡自身にも両面テープが貼ってあります。が、鏡のテープは外れガタガタしており、この肌色のプラスチック自体がグラグラだったのです。施工としては、一度鏡を取り外し、両面テープを張りなおして、取り付け、そして下部のスキマに何かを差し込んで見た目をよくするのと、安定を図るという作業です。

 分かりにくいですが、作業前の黄色で囲んだ部分にもともと何かが貼ってあったような跡があります。そこを隠すように、新たに薄い何かを差し込むのです。
ベストは同じ色をしたプラスチックがあればよいのですが、なかなかそんなものありません。

 施工まではお時間を頂いていたので、いろいろネットやホームセンター巡りをして部材探しをいたしました。その結果、床材ですが、加工がしやすく暑さもドンピシャの神がかったシートをD2で発見!

 施工してみるとぴったりはまり、とても見栄えもよく満足いただけました。

しかし、解せないのは謎の水道業者の事です。私も水回りの補修で水栓の交換をしますが、なぜ水栓より上側にある鏡をとる必要があったのか、まして、穴まであけたのは一体何のために・・・

 お客様とお話をすると、いろんな業者さんの話が聞けて興味深いです。

一旦鏡をとります。謎の穴があいています

 

おうちのプチ補修 ③窓

 補修3点目は窓の隙間を埋める、です。写真でお判りいただけますでしょうか?
6㎜ほどなぜかスキマが空いているのです。原因は不明、気付くとこうなっていたそうです。嵌め殺しのガラスで、ガラスの向こう側は屋根であり、ガラス自体を交換しようにも、正規のサッシ屋さんに頼もうものなら数万円は掛かるという事でした。

 そこで、費用を掛けずに補修するアイデアとしては、、、まずアルミ板を加工しスキマを塞ぐように細長くあてがいます。そのうえで、防水アルミテープで貼り付け、という方法をとりました。ポイントは見た目もありますが、なにより防水が第一になります。

 ですので、足場は悪いですが外側からの施工も必須であり、この作業を表裏から行いました。終わってみれば何のことはないのですが、変な態勢で作業したので1時間くらいかかりました。ザ・日曜大工、という感じですがご満足いただけたようで頑張った甲斐がありました! 

マグロの切り身移動のお仕事

 冷凍マグロの切り身を移動してきました。これは、市場の中でのお仕事だったのですが、冷凍庫が故障してしまい、冷凍庫を修理する間、別の冷凍庫に移動して保管する、という仕事でございます。代わりの冷凍庫があるならそちらでも良いのでは?と思われるかもしれませんが、マグロの冷凍は超低温で行われる必要があるのです。

 マグロは赤身で、ヘモグロビンを多く含みます。ヘモグロビンは時間の経過とともに変質し、見た目も味も悪くなってしまうのです(メト化)。これを防ぐのが超低温ということで、マグロは普通の冷凍庫ではだめなんだとお客様に教えて頂きました。

 という事で事態は緊急であり、朝イチでお電話を頂き出動いたしました。
作業自体はお客様と自分で連携して行ったので、すんなり終わったので余った時間は冷凍庫や場内のお掃除をさせていただきました。無事終わり、喜んでいただいてよかった・・・と思っていると数日後、再び出動の依頼があったのです。

 また冷凍庫が壊れてしまったようで、その日は二回に分けて移動と戻しを行いました。作業が終わり、お話をしてみると意外なことに超ご近所さんだったので驚きました。
不思議なご縁もあるものです。普段入ることのできない市場の中と、お話を伺う事ができ、とても貴重な経験をさせていただきました。

ベビーダンスの吊おろし

 ベビータンスを吊り下ろしてきました。お客様がご自身で行う引越しの一環で、この一点だけが運び出すことができず、これだけ下ろしてほしいと依頼されたものです。

 搬出場所は2階。ベビータンスというので電話越しに小さいイメージを最初もったのですが、私の身長以上あり、普通に大きい家具でございます。ただ、二つに分かれるので一つ一つはそんなに大きくはありません。階段から下の1つは運び出すことができました。

 上の方もいけるんじゃないか?そう思いトライしてみましたが、ギリギリダメで、やっぱり予定通り吊り下ろすことにしました。窓を外しはしごを掛けて、ロープで縛って、エンヤコラと二人がかりで下ろしていきました。

 準備に時間を掛けて、下ろすのは一瞬なんですよね。無事に下ろし終え、お客様のトラックにタンスを積んでミッションは終了しました。
こういうところを写真に撮れば映えるのでしょうが、撮る人がおらず…(笑)いつか機会があれば上げようと思います。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談相談はこちら

0120-659-139
受付時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-659-139

電話受付:8:00~20:00
※フォームからのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒286-0011千葉県成田市玉造4-2-1

アクセス

日中は基本的に外出しておりますので、お電話ください。転送して携帯に繋がります。

営業時間

営業時間 9:00~20:00
電話受付 8:00~20:00
フォーム受付 24時間
※営業時間外をご希望の場合、ご相談に応じます
 

定休日

年中無休
 

代表者ごあいさつ

代表:末永 正樹

ご不明点がございましたら、遠慮なさらずにご相談ください。どんな事でも丁寧に、誠意をもってお答えせていただきます。