成田市の便利屋・不用品回収なら

便利屋 一寸奉仕

〒286-0011 千葉県成田市玉造4-2-1

お気軽にお問合せ下さい
受付時間:8:00〜20:00
定休日曜:年中無休

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-659-139

事例紹介11

ここでは弊社が今までに手がけた事例をご紹介いたします。
ページ内の写真は許可をいただいたものを掲載しています。

物置解体&処分

 物置の処分です。中身と物置本体、ともどものお片付けであります。物置の中身というのは、お客様ご自身でも何が入っているのか分からないことも多く、お客様のご希望としては一度中身を確認しながら取捨選別させてもらえますか?というものでした。

 それはお安い御用ですという事で、一度中身を見ていただき、それから中身を総ざらいしました。その後、外側の解体に移り、通しで1時間くらいでしょうか、きれいさっぱり片付きました。(物置はそのまま運べないので、解体してからの処分になります)

 ちなみにですが、こちらのお客様、実は私に連絡をくれたのが2回目だったとのこと。1回目は1か月くらい前に、私が気づかずに、スルーしてしまったようで、勇気を出して2回目の電話をくれたそうなのです。本当にすみませんでした・・・(^^;)

 そしてお客さんからはこんな事も教えてもらいました。電話での問い合わせはとても勇気がいるもので、「うちではやってません」「できません」と断られたらどうしよう、と、凄く考えてから連絡されるということを。

 業者からすれば、ただ質問に対して受け答えをするだけなのですが、お客様からしたら否定されたように感じることもあるという事ですよね。そうしたお客様の葛藤を経て頂く一本のお電話は、とても貴重でありがたいものなのだなぁ、と改めて思った次第です。

 そんなわけで、私は、難しいご相談をいただくときは、なんとかご要望にお応えできる方法が無いものか、一旦考えてお応えするようにしています。その為の便利屋ですからね。ニッチなアイデア勝負で、どうにかしてお力になりたいと思っておりますので、お困りごとはお気軽にご相談ください。

 

キッチン床下板張替え

 アパートの大家さんからのお仕事です。住人の方曰く、虫が結構出てくるので何とかしてほしいとのことでご依頼いただきました。
大家さんには既にあたりがついていて、キッチン下の板の隙間から這い出てくるのではないか?とのことでしたので、そこらへんの修繕を頼まれたわけです。

 板は薄いベニヤで打ち付けてあり、穴を中心に腐っていましたので、板全部を張替え、排水ホースも交換することにしました。板を剥がした状態が左下の写真です。排水の穴が開いており、そこに排水ホースがささっているだけの状態でした。通常、ニオイや虫が来ないように防臭キャップや、なんらかの対策がなされているのですが、それが、ない。

 ゴ○ブリの死骸も何匹もあり、やはりここから上がってきていたようです。このあと防臭キャップを付け、パテで固定して板を加工して打ち込み、穴をあけダクト交換して張替え終了しました。(ちなみに今後のメンテナンス性を考え、この排水個所の板だけは固定しませんでした)

 大工さんが言う「小さな工事」より、さらに小さな日曜大工レベルの事もやっておりますのでご入用の際はお問合せください。

放置自転車回収

 放置自転車の片付けです。これで7台積んでます。何台積めるかな、4,5台かなあと思っていましたが、案外行けました。きっと本気を出して中国の人張りにやれば10台くらいはいけるかな?(中国 過積載 でググルと面白い画像がたくさん出てきます) 

一軒家片付け

 


 一軒家の片付けをしました。平屋の2kと、お庭周りの大量の植木鉢、その他もろもろと物置がありました。そして、こちらの現場の特徴は、屋根の一部が破損していたことです。

 先年の台風により屋根が剥がれ、雨ざらしになっていたのです。その為、床に水が溜まり泥と水に濡れたモノの片付けが大変でした。基本的に一軒家丸ごとの場合、量が多いので2tトラック且つ、2名以上でやっつけます。

 が、こちらの現場の場合、お時間の猶予を頂けたので、自分一人、軽トラピストンでやってみました。なかなかヘビーでした(笑)
何が大変って、散乱した不用品が濡れていたことと、天気が悪かった事です。濡れていると、それだけ重くなり、重いとその分、処分代が高くなります。

 基本的に、お客様には最初に金額を提示して、その後追加料金をもらう事はありません。ゴミの仕分けを終え、あとになってから、「予想より処分代が掛かったので追加料金を頂きます」とは言えないので、見積もりは一発勝負なのです。予想以上に処分代が掛かると赤字になってしまいます。

 そんなこんなで無事作業も終わり、すっかりガランドウになった内外をお客様に見ていただき、「ああすっきりして良かった!」ととても喜んでもらえました。

 それと・・・・こちらの現場では仏壇と神棚っぽいものがあったのですが、仏壇はお客様の方でお坊さんを呼んで閉眼供養をされたとのこと。ですが、神棚らしきものの存在は把握されていなかったようで、どうしましょうか?とお聞きしたところ処分しておいてくださいとのことでした。

 神棚、という感じの神棚でもなかったのですが、中にはお稲荷さんや白蛇、木彫りの仏像、その他神様が祀られていたのでどうしたものか・・・と思案し、神社でお焚き上げしてもらいました。このうち、「仏像はお寺さんにもっていってください」と言われ、なるほど神様と仏様は住みわけがキチンとされているのだなと、変に感心した次第です。

 そんなことを思った一件でした。

屋根と壁の高圧洗浄

 屋根と壁の洗浄を行いました。お客様曰く、これまで数十年住んでいたけれど、それとはなしに窓からふと屋根を見ると、コケがついていることに気づいたそうです。

 高圧洗浄できますか、とのお問い合わせでしたので、出来ます、とやってきました。
ただ、屋根の上に上がるときに水は滑って危険なので、ベランダや外構を洗浄するときのように、ノーリスクと言うわけにはいきません。さて、どうしたものか。

 そこで、端から丹念に洗浄していき、1度で洗浄を終わらせれば、2度、3度と濡れた屋根を踏まずに済みます。それでやって見ようとトライしてみました。結果は、2度、3度行ったり来たりする羽目に(笑)
まず足場が悪く、高圧洗浄機を置きっぱなしにできないので、片手で持ちながら片手でガンを打ちます。それに狙ったところ以外にも飛沫が飛んで、徐々に足元が濡れてくる始末。

 すると、濡れたコケというのは非常に滑りやすい。ですので、屋根のキワまではいくことができず、離れたところから噴射することに。きっとムラがあるだろうなーと、乾くのを待ってみてみると、やはりところどころにコケが残っていました。
(いったん濡れると色の違いが分からないので、その場では分からないのです)

まあ、それでもコケがなくなった後は、滑らずに無事作業できましたが。(一応命綱も用意しています)綺麗になった屋根と壁を見て、とても喜んでもらえました★ 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談相談はこちら

0120-659-139
受付時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-659-139

電話受付:8:00~20:00
※フォームからのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒286-0011千葉県成田市玉造4-2-1

アクセス

日中は基本的に外出しておりますので、お電話ください。転送して携帯に繋がります。

営業時間

営業時間 9:00~20:00
電話受付 8:00~20:00
フォーム受付 24時間
※営業時間外をご希望の場合、ご相談に応じます
 

定休日

年中無休
 

代表者ごあいさつ

代表:末永 正樹

ご不明点がございましたら、遠慮なさらずにご相談ください。どんな事でも丁寧に、誠意をもってお答えせていただきます。